SIMの交換で通信会社を使い分けることができます

近年の携帯電話のは通信会社が選べるようになっており、その選択はSIMを交換することで簡単に行えるようになっています。SIMとは通信外車の情報が記録されたICチップのことであり、携帯電話の端末はこのSIMの情報を読み取り接続先の通信会社や端末の電話番号を認識して通信が行える構造となっています。従来は直接携帯電話の機器の中に通信会社や電話番号の情報を書き込むことになっていたため、端末はその通信会社の専用のものであり、通信会社を変える際には機器を交換する以外に方法はありませんでした。

しかし近年のようにスマートフォンが普及しそれぞれの端末に大きな機能差が生まれていることから、同じ端末を様々な通信会社で利用できるようにすると言う発想が広まり、通信会社が選べると言う構造に変わっていったのです。



しかし通信会社の側から見た場合、これまで端末の魅力を武器に契約数を増やしていた側面があるため、当初はSIMを交換しても端末自身の内容を書き換えないと他の通信会社で利用することができない構造になっていたものが非常に多いのが特徴でした。



従来から通信会社の制限がない端末も販売されていましたが、通信会社が販売する端末は契約を前提に大幅な割引がなされていることが多く、この制限がない端末は正規の価格で販売されていたため圧倒的に通信会社の販売する端末の出荷台数が多いのが実態でした。
しかし近年では法律的な規制により極端の端末の安売りが禁止されているため、SIMを交換するだけで様々な通信会社で利用できる端末が通信会社から販売されるようになっています。