SIMの各プランに関して

これまで、携帯電話会社にとってはライバル会社は大手の各社だけだったため、市場リサーチについてもライバル会社をしっかりと選定して自社のサービスプランについてしっかりと提供しておけばよかったのですが、最近になって、携帯電話などの通信事業の規制が改革されたことから、様々な会社が携帯事業に参入してくることになりました。

最近では、様々な会社が携帯事業に参入してきたことから、より多くの事業が携帯端末を利用できるようにするため、SIMフリーなどの端末が発売されるようになりました。



これまで、携帯端末によって使えるSIMの種類が決まっており、これが各携帯会社が自社にユーザーを囲えるような戦略をとれるようになっていました。
自社のSIMと端末が一対一の関係であったため、各携帯会社は人気のある端末を独占的に販売することが可能でした。


しかし、最近になって、SIMフリーの端末が増えてきたことから、人気の端末に関してもどの携帯会社でも使えるようになったため、差別化の要素としては弱くなっています。



ユーザーからみた場合、こうした自由に携帯会社を選ぶことができるため、格安プランを提供している会社を選んで自分の好きなスペックの高い端末を使用することで、より快適に通信が行える上に、通信費用も非常に安く抑えることが可能になりました。



最近の傾向としては価格重視のユーザーも増えてきたため、市場の需要と供給とがしっかりとマッチしています。