SIMカードの機能等と紛失時の対応

SIMカードは、電話番号を特定するための固有のIDが記録されている携帯やスマートフォンが通信するために必要なカードのことです。

従来の携帯電話は電話本体に電話番号を登録していましたが、現在は特にスマートフォンになってからはこのSIMカードに電話番号が登録されることとなっています。


そして、無線LAN等を活用すれば電話以外の機能が使えることがありますが、通話機能についてはこのSIMカードがないと利用できないこととなっています。ですので、スマートフォンを利用して通話するためには絶対に必要なカードということがいえます。

このように、通話には絶対必要なSIMカードですが、カードの種類としては3種類あります。



標準のもの、マイクロ、ナノという順番でカードのサイズが小さくなっていきます。利用するスマートフォンの機種によりどのサイズのカードを利用するのかが決まってきます。そして、このカードに電話番号が登録されるということは、別のスマートフォンにカードのサイズを合わせて入れ替えれば、同じ番号で利用できるのがSIMの機能からすると考えられるのですが、別のキャリアについては利用制限がかかっており、同一のキャリアについては会社によって利用できる場合もあるというのが現状です。



また、このカードを紛失した場合には、契約している通信会社から再発行してもらうことも可能です。



基本的には一度さすと取り出すことがないものですが、間違って紛失してしまった際には再発行を依頼しましょう。