SIMには2つの種類がある

SIMはスマートフォンを使うための小さなカードのことです。

このカードがなければ、スマートフォンを使って電話をかけることができません。インターネットにアクセスすることも不可能になります。

大手のキャリアのショップでスマートフォンを購入した場合は、SIMを目にすることはないかもしれません。



SIMがあらかじめスマートフォンの中に装着されているからです。

このカードには主に2つの種類があります。1つは大手のキャリアのもので、もう一つはMVNOものです。

MVNOは格安のスマートフォンを取り扱っている業者のものです。



格安のカードの質が劣っているわけではありません。

格安の方は、大手の回線を利用しています。

大手の回線を使って、電話をしたり、ネットにアクセスできるので、特に不自由を感じることはありません。

自分の好みによって、スマートフォンの会社を選べます。

経済的な余裕があったら、大手のキャリアでも良いでしょう。
スマートフォンの費用を節約したかったら、格安の会社がお勧めです。
大手のキャリアだったら、一ヶ月の料金が5000円を超えることがあります。格安の会社だったら、2000円から3000円程度のところが多いです。これより安い場合もあります。


最初大手のキャリアにして、その後格安の会社に移る人もいます。

この方法は賢い方法です。



大手の性能の良いスマートフォンをまず購入して、その後にひと月の通信費の安い格安に移行するので、質の良いスマートフォンを安い料金で使えるようになります。